1. ホーム
  2. 不動産査定サービス
  3. 一括査定
  4. ≫イエカレの口コミ@良い点・悪い点や使い勝手を検証してみた

イエカレの口コミ@良い点・悪い点や使い勝手を検証してみた

イエカレの口コミ

登録している仲介業者数は400社以上、年間の相談件数は54件以上、サイト利用者は300万人を超えるという実績をもつ日本最大級の不動産ポータルサイトが「イエカレ」です。

「イエカレ」では、2020年の東京オリンピック開催で加熱している日本の不動産市場の現状を踏まえ、所有マンションを有効に活用しています。

そして、将来のライフスタイル整備に役立てるためのパートナー探しとも言える、不動産の無料査定シミュレーションを軸としたサイトの運営を行っています。

イエカレのサービスの概要

不動産会社のサービス

巷のニュースでも、地価や新築マンションの価格高騰が報じられています。

資産と呼べるマンションを所有していても、それを売却して資金化し、オリンピック景気とその後に対応できる資産の組み替えをするのは、シロウトでは至難の業。

しかも、マーケットに参入しているといわれる中国などアジア圏の富裕層や投資家たちが売却の相手となるのでは、手も足も出ないと諦めてしまうのも無理はありません。

しかし、「イエカレ」では不動産の無料査定サービスの他に、こうしたマーケットの好況を一般の個人でも活用できるようにと、ネットという敷居が低く手間も費用もかからない方法で提供しています。

進学、就職、結婚、出産、そして第2、第3の人生……。ライフスタイルは、節目と呼ばれるものを挙げるだけでも5つ以上はあるはず。そうなれば、生産年齢とされる50年ほどのあいだで、長くても10年、短ければ3年ぐらいのスパンで、住環境の仕切り直しが発生する計算になります。

例えば、35年の住宅ローンを組んでマンションを購入しても、ローン返済が完了するまで3~4回は、購入時には想定できない環境の変化に対応しなければならなくなることを意味しているのです。

そうした個人の事情と、オリンピック前のマーケット環境をうまくマッチングさせようとするのが、「イエカレ」のサービス。

売却という高く見えがちなハードルをグッと下げて、オリンピック以降の人生設計の見直しに出遅れないためにも、まずはこの「イエカレ」の内容と使い勝手について検証してみましょう。

イエカレの使い方

パソコンを見る女性

「イエカレ」には、全国各地で仲介業務を展開する厳選された400社以上の提携企業が参加しています。これらのなかから、エリアや得意な条件などで合致した最大6社に対して、売却価格の査定を申し込むことができます。申し込みに必要な時間は、わずかに45秒。

それでは、「イエカレ」での査定依頼までの流れを追ってみましょう。

まずは「イエカレ」の公式サイトへアクセスします。

kochira イエカレの公式サイトはコチラ

すると「あなたの大切な不動産を最高価格で売却しませんか?」と書かれたトップバナーのすぐ下に、ライトブルーのバックに囲まれた「無料査定シミュレーション(45秒で完了)」というコーナーが出てきます。

枠の中には「1.物件種別」「2.都道府県」「3.市区町村」を選ぶプルダウンメニューがあるので、査定を依頼するマンションにあてはまるものを選択します。

査定希望物件の住所が現住所と同じか別かも選択して、その下の「無料査定で大幅金額UP! 45秒の簡単査定をスタートする!」というオレンジのボックスをクリック。

物件の基本情報・詳細と、申込者の情報の入力画面に遷移しますので、それぞれ選択・記入・選択します。なお、一部に関しては、Yahoo!のIDやFacebookの登録情報で自動入力をすることもできます。

売却希望価格の記入欄もありますが、住宅ローンの精算をする必要がなければ、選択・記入が必須の項目ではないので、飛ばしていってもかまわないでしょう。

ページの最後まで行くと、オレンジのボックス「個人情報の取り扱いに同意して入力内容を確認する」をクリックします。

選択・記入した情報の確認ページに遷移するので、内容を確認します。

査定依頼に対応している最大6社は、自動的に表示されます。

よければ、「入力した内容を送信する」というオレンジのボックスをクリック。

これで、確認画面に表示されていた仲介業者への無料の査定依頼は完了です。

すまいValueを使ってみて良かった点・メリット

1.申し込み前の不安を無料相談電話で解消できる

紺ジャケでスマホを操作する男性

「イエカレ」の無料の査定依頼は、たった45秒で完了してしまうという手軽なもの。とはいっても、マンションを売却するという一大プロジェクトを数回のクリックで始めてしまうことに抵抗がある人も多いでしょう。

そこで「イエカレ」では、査定依頼の検討をしている人の不安や疑問を解消するための、フリーコールによる無料の相談窓口を設けています。

2.査定を依頼する業者とは別に独自のサポート体制も充実

親指を立てるビジネスマン

無料査定を申し込んだらサービスは終わり、としないのが「イエカレ」のサポートの手厚いところ。

専門知識のあるスタッフが、売却希望の利用者目線で相談に乗ってくれるサービスを用意していますので、売却前に不安があるという方は気軽に相談してみるのが良いです。

3.気が重い「お断り」もお任せできる

お願いをする男性

「無料」で「簡単」に申し込めるサービスとはいえ、大切な資産であるマンションの売却をゆだねる一大事。査定の結果が納得できなければ、仕切り直す勇気も必要です。

しかし、「無料」で「簡単」に依頼しただけに、あっさりと断るのも悪い気がしてしまいがち。かといって、せっかく親身になってくれた業者をないがしろにするのは悪いからと、納得していないのに仲介を依頼するのは本末転倒です。

「イエカレ」では、そんな杞憂を利用者に抱かせないように、査定結果を出した業者への「お断り」の連絡をサポートデスクが代行してくれます。

イエカレの査定申し込みがあまりに簡単過ぎる点はイマイチ

あごに手を置いて考える男性

45秒で無料の査定依頼が済んでしまうのは、マンション売却という気の重い決断をしなければならない身にとっては、とても心の負担を軽減してくれるサービスです。

しかし、簡略化によって、依頼する業者の取捨選択ができなかったり、「3社以上に査定依頼」を薦めている「イエカレ」の方針に納得する前に依頼が完了してしまい、不安が残るとも言えます。

ただ、1秒でも時間を無駄にしたくない方にとっては、徹底的に無駄を削ぎ落したサービスはメリットと考えることもできます。

イエカレの総評

イエカレの総評

たった45秒で無料査定の依頼が完了してしまう「イエカレ」のサービスは、マンション売却という人生の一大事に立ちふさがるハードルを、思いっきり低くしてくれます。

あまりにも簡単なので、逆に不安になることもあるでしょう。その点でも「イエカレ」のサポートは万全です。事前のフリーコールによる無料相談や、意に沿わなかった査定に対する「お断り代行」など、リカバリーをしっかりしてくれるのも「イエカレ」ならではの特徴です。

イエカレのサービスの申込み方法

次の公式サイトにアクセスし、申込みボタンをクリックして、必要事項を記入するだけで申込みができます。

※ 45秒で簡単に査定依頼をできるため、時間が無い方には便利に使えるサービスです。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.