1. ホーム
  2. 不動産購入の体験談
  3. 戸建住宅の購入
  4. ≫家の売買契約書を汚してしまったせいで売り主さんに迷惑をかけた

家の売買契約書を汚してしまったせいで売り主さんに迷惑をかけた

契約書

現在30歳の女性、主婦歴一年半になります。今回お話しするのは、結婚してから購入をした家の話です。

それまでの家が手狭になったことで、購入を決断しました。現在は祖母や、両親と一緒に住んでいます。兵庫県の5LDKの一戸建て。中古の物件で、購入額は1200万円程度。

築20年で、少し内装は古いですが、軽量鉄骨でしっかりした造りの建物で、前の居住者様がきれいに使っておられたことや、広いリビングが気に入って購入を決めました。

売主さん犬を飼っていたので傷がないかを念入りにチェック

それに、売主様はミニピン※という犬を飼っておられたにも関わらず、とてもきれいな状態でした。

※ ミニピンというのは次のサイトで画像が掲載されているような犬です。小さくてかわいいワンちゃんですよ。

【参考】カナガンドッグフードをアレルギーが気になる愛犬に食べさせた感想

私たちはペットは嫌いではないのですが、これから住む家なので、内覧の際は、念のためペットを飼っていて状態がどうであるかを、気を付けてチェック。でも、きれいな状態だったので安心しました。

しかも、売主様の人柄もすごくよく、ぜひ購入しようということになり、契約を結ぶことになりました。初めてのことですから、契約当日はすごく緊張します。

ですが、仲介をしてくださった不動産屋さんが雰囲気を和ませてくれたので、なんとか無事に終えることが出来ました。

当日は、生まれて初めての大きな買い物だったので、その契約書を大事なところに保管しようと思い、ひとまず仏壇に供えることに。ご先祖様に、いい買い物が出来ました、とご報告し、その後ほっとして夕食をとっていました。

その日は少しごちそうを、ということで鯛の味噌汁を作りました。いつも食事の時はテーブルにランチョンマットを敷いているのですが、その日はたまたまなかったので、適当な紙を敷くことに。

契約書をフキン代わりに使用する旦那に唖然

引っ越しの準備も始めていたので、その辺にあるもので代用したんだと思います。ですが、そこに主人が誤って味噌汁をこぼしてしまいました。

「あーもう」と言いながら、ふきんで拭いていると、ランチョンマットのかわりに敷いていたものが、契約書だったんです…。本当に驚きました。

なんで仏壇に供えていた契約書がここにあるんだろう?と頭の中はクエスチョンマークでいっぱいに。でも、それは祖母の仕業でした。

祖母は少しぼけているので、仏壇に供えていた契約書がなんなのかわからず、不要なものと判断して、その辺に置いていたようです。それを私たちも気づかずに使ってしまったのですた、

本当に、大事な買い物をしたその日に、こんなことをやらかすなんて…ととても焦りました。でも、今から思えば、笑い話だなぁと思います。

ちなみに、契約書は汚れてしまったので、売主様に事情を説明して、もう一度巻きなおしてもらいました。売主様にはご迷惑をおかけしたなあと反省しています。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.