1. ホーム
  2. 不動産購入の体験談
  3. 戸建住宅の購入
  4. ≫共同名義で家を購入しようしたら姑が文句を言われた

共同名義で家を購入しようしたら姑が文句を言われた

嫁姑

39歳主婦です。結婚と同時に、大阪府に戸建て住宅を購入しました。大手ハウスメーカーの大規模分譲だったため、人気があり抽選での購入。

申し込んだ物件は倍率が8倍であっけなく抽選に外れてしまいました。ところがローン審査で落ちた方がいて、キャンセル物件が出たので購入しませんかと私たち夫婦(当時は婚約者)に連絡があったのです。

当時2人とも20代で主人は公務員、私は看護師として働いていたため、不動産会社もローンの審査に通りやすい人を選んだのかもしれません。物件の間取り図を見てすぐに購入を決断しました。

夜勤明けに重要事項説明を聞いていたら途中で寝そうになった

私は看護師で夜勤もある不規則勤務だったので、主人となかなか休みが合いません。その上、結婚準備も同時に進めなければならなかったため、重要事項説明の日は夜勤明けで行くことになりました。

最初は大事なことだからと真剣に聞いていましたが、難しい言葉も多く、淡々と長時間説明されるので眠気との戦うことに。寝てはいけないと必死に気を紛らわせている時、説明してくださっている不動産会社の方のネクタイに目が留まりました。

水色の水玉模様だと思っていたのが、よく見るとドラえもん柄だったのです。ふっくらした方だったので、ドラえもんに似てると思い始めると面白くなり、一気に眠気を吹っ飛ばすことができました。

共同名義にしたらいちゃもんを付けてきた姑

当時は特別ローン減税があり、共有名義にした方が得だということで、家は主人と私の共有名義とすることにしました。ところが契約の日、主人が突然共有名義の持ち分を主人が6割、私が4割にしてくれないかというのです。

なぜかと話を聞くと、姑が「持ち分が半々だと遊びに行きにくい」と言ったとのこと。少しでも自分の持ち分が多いと、母親が遊びに来やすくなるのではないかということだったのです。

名義の持ち分だけで遊びに行きにくいとイチャモンを言った姑も姑ですが、それを言われて持ち分をほんの少し多くしようとする主人にも、あきれて開いた口がふさがりませんでした。

主人がそのことを真剣に不動産会社の方に言うと、「通常は半々にすることが多いですが」と苦笑いをされていました。そりゃそうでしょ。

引き渡しのチェックで床をなめるように見る姑

無事に契約も終わり、家も完成して引渡し前のチェックをする日になりました。その日はお互いの両親も一緒に来て家を見ることに。初めて完成した家の中に入るのでワクワクしながら行きました。

入居後も気になるところは、しっかりアフターフォローしますという不動産会社からの説明があったにも関わらず、姑も舅も床に這いつくばり、顔が床につきそうなくらい近づけて傷がないか見始めたのです。

私と両親は唖然としましたが、「ほら、ちゃんと見ておかないと」と姑に促され、私も床に這いつくばる羽目に…。

「ここに小さい傷があった。」と姑が言うので、不動産会社の方も確認しようとしたのですがわかりません。姑は「ねえ、ここにあるよね」と私に同意を求めてきました。

どこに傷があるのかわからなかったのですが、まだ若く婚約者の身であった私が傷はないと言えるわけもなく、「よく見るとあるような気がします」と苦しい返事をすることになりました。

まぁ当時はいろいろありましたが、現在は住み心地もよく平和に暮らしています。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.