1. ホーム
  2. 知っておきたい不動産のこと
  3. 売却のコツ・ポイント
  4. ≫マンションを売却するなら購入会社かそれ以外のどっちが良い?

マンションを売却するなら購入会社かそれ以外のどっちが良い?

マンション

マンションを売却するとき、自力でなにもかも処理しようとするのはたいへんです。購入するときにそうであったように、売却するときも、仲介してくれる不動産の業者に依頼するのが一般的でしょう。

では、どの業者に依頼すればいいのか?

まず思い浮かぶのは、購入するときにお世話になった仲介の担当者、というケースも多いかもしれません。買ってあげたのだから、売却するときもちゃんと面倒を見てほしいと思うのは、高額な商品だっただけに当然とも言えるでしょう。

しかし、不動産業界ではこの「当たり前」が当たり前でないことも多いのです。

同じ不動産を扱う仕事なのに、販売会社が売却の業務を扱っていないことも少なくありません。また、扱っていても、購入時の担当者がまた担当してくれる確率も、かなり低いようです。それほど業者にとっては、販売と売却の業務内容が違うのです。

とはいえ、購入した実績は、業者の記録に残っているはず。そうした実績が売却時にメリットになるならば、やはり購入した業者を頼ったほうがいいかもしれません。

しかし、値引きや附属品など、購入時にワガママを聞いてもらった記録が残っているかもしれません。その分を補填するチャンスを業者に与えてしまうのではないか…。

そんな不安にさいなまれるなら、面識のない業者を探したほうがいいかもしれない。むしろ、売却を専門に扱う業者のほうが、いろいろとメリットがあるのではないだろうか…。

こんな悩みを解決するために、購入業者を窓口とした場合とそれ以外の業者を比較しながら、売却の仲介を依頼する業者選びについて、検証してみましょう。

マンション売却の仲介を購入業者にするメリット

マンション売却

マンション売却の仲介を、そのマンションを購入した業者に依頼する大きなメリットは、安心感でしょう。

マンションの購入は、一般の人にとって小さな買い物ではありません。その購入の際に、サポートをしてくれた仲介業者の存在は、「地獄で仏」と例えても、決して大げさではないでしょう。

それだけに、購入の時に世話をしてくれた担当者が売却でも担当してくれると、何かと心強く思えるはずです。

業者によっては、売却業務を扱っていないとして、扱った購入マンションであっても、引き受けてくれないことがあります。その際には、改めて売却の仲介をしてくれる業者を探す必要があります。

購入したマンションを仲介した会社が売却業務も扱っていても、購入時の担当者が担当するとは限りません。マンションの販売と売却では内容が異なるため、売却ではそのスキルを持っている担当者が当たることが多いからです。

一般に、マンションの売却は販売に比べて、準備しなければならない資料や法的な知識がより必要とされています。つまり、販売の仲介より売却の仲介を担当するほうが、難しい局面にも対処できるスキルを持っているべきなのです。

マンションは大きな買い物です。近い将来のライフスタイルを含めて間取りなどを相談するでしょうし、住宅ローンを組む予定であれば、職業だけでなく年収などもオープンにしなければなりません。

当然、購入をサポートする仲介業者の担当者は、このようなプライベートな事情をほとんど知らなければならない立場にあるわけです。ということは、「腹を割った」関係を築くことができたと言えるでしょう。

であれば、その担当者に売却も引き受けてもらうことで、売主としての不安も和らぐでしょう。また、イチから自分の状況を説明し直す手間も、面倒だと思う精神的な負担も軽減すると言えます。

購入業者を選ばないほうが良いケース

パソコン

購入業者が売却を扱っていなかったり、扱っていても担当者が変わったり既に退職している場合では、新たに売却の仲介業者を探すことになります。また、購入業者の担当者にそれほどこだわらなかったり、逆に良い思い出がない場合も同様です。

しかし、購入時の仲介担当者の印象が悪くなかったとしても、無条件にその販売業者を売却の仲介に選ばないほうがいいケースがあります。

デメリットとしては、販売を軸に展開している業者の場合、売却のスキルが低かったり、自社の販売ルートを優先して売却活動を進める可能性が疑われることです。

販売の利益比率が高い業者は、販売の仲介担当者を重点的に採用します。つまり、販売に力を入れている業者には売却スキルの高い担当者が少ないことになります。

また、前述のように、売却には販売よりスキルが必要ですが、このスキルアップに熱心ではないことが考えられます。スキルが低くても稼げる担当者で売上が立てられるのですから、当然といえば当然です。

まとめ

タブレットする女性

マンションを売却する際の仲介は、購入の時の仲介担当者という選択肢も悪くありません。

マンションの購入では、プライベートな事情も含めてオープンにする必要があるため、気心が知れた担当者が売却も引き受けてくれれば、手間も精神的な負担も軽減されることが期待できます。

しかし、販売業者が売却を手がけていないケースも多く、販売と売却ではスキルが異なるので、同じ担当者にならない業者も多いことを承知しておくべきです。

一般に、販売より売却のほうが、準備しなければならない資料や法的な知識がより必要とされています。売却には不可欠なこうした作業を代理してもらうには、よりスキルの高い、売却を得意とする業者を選ぶほうが賢明と言えます。

売却を得意とする業者は、ネットの一括査定などで簡単・即座に情報を得ることができます。スキルで選ぶのであれば、購入業者にこだわらない仲介担当者探しをお勧めします。

※ ネットで一括査定するなら1200もの不動産業者と提携しているイエウールがおすすめです。無料であなたのマンションの価値をチェックすることができます。

【参考】無料査定のイエウールの口コミ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.