1. ホーム
  2. 知っておきたい不動産のこと
  3. 売却のコツ・ポイント
  4. ≫マンション売却の広告でこだわるべきポイント

マンション売却の広告でこだわるべきポイント

住宅

マンション売却の成否は、仲介業者のウデによって決まる、と言っても過言ではありません。

ということは、不慣れな売主がピントのずれた注文をあれこれと出すのは、売却活動の邪魔になるだけで、得になることはないという意味にも取ることができます。

しかし、本当に売主は黙ってみているだけのほうがいいのでしょうか?

もちろん、余計なことをしないで、満足のいく売却結果を得ることができるなら、それにこしたことはありません。

でも現実は、持ち主である自分が思っていたほどの評価をしてもらえていなかったのではないか、というモヤッとしたものが残ってしまうことも多いようなのです。

その原因は、成否を決めると言われる仲介業者のスキルがどんなにあっても、依頼するその物件に関しての情報が万全であるとは限らないことにあります。

つまり、所有者の情報と業者の情報に差があれば、いくら業者の手順がよくても、その差を反映した売却結果には至らず、それが売主のモヤッとした気持ちに表れてしまうと言うわけです。

そこで、そうしたモヤッとした気持ちをできるだけ解消するための、実用的な方法をチェックしておきましょう。

マンション売却での売主の役割と関わり方

マンション

マンション売却で、売主が当事者であることは間違いありません。

しかし、実務において主導権を握る立場なのかと言えば、そうでないところにこの話のややこしさ、モヤッとした気持ちを引き起こす原因があるようです。

マンション売却などの不動産取引では、専門的で煩雑な手続きを要する場面があります。また、売り方や買い方に関しても、大根や豚肉、または雑誌やクルマを扱うのとはかなり異なっています。

不動産が普通の商品と大きく違うのは、売り物を売主が陳列して、それを買い手が品定めして、決めたら自分のものとして持ち帰ることができないことでしょう。

そうなると、どうやって商品であるマンションを売り出すのか、どうやって買い手とやりとりするのかを専門的に扱う人間が必要になります。それが不動産業者というわけです。

マンション売却では売主が当事者でありながら、実務の主導権を握るのが仲介を依頼された不動産業者になるのは、こうした背景があるからです。

実際に売主は、マンション売却に関する実務すべてを業者に丸投げしたとしても、取引自体に支障が出ることはほとんどありません。

もちろん、当事者の意志決定や署名・押印などが必要な場面では、業者の担当者が売主にその旨を伝えます。

つまり、売主は仲介業者の担当者が言ったとおりに動くだけでいい、ということになるのです。

しかし、仲介業者の担当者が言ったとおりにしたほうがスムーズに進められるのは、マンション売却の実務であることを忘れてはいけません。実務はプロに任せたほうが得策であることは、不動産取引にかぎったことではないでしょう。

ということは、実務以外の部分では、プロよりもシロウトである売主の出番があっても不思議ではないということです。

プロと呼ばれる人の仕事は、作業内容を標準化して、効率的に処理することに重きが置かれます。

であるならば、シロウトである売主は、その逆の方法論を取ることができる場面で、存在感を発揮できるということになるはずです。

マンション売却という作業のなかで、標準化できず、効率よりも他のことを優先したほうが結果につながる可能性のあるものはなんでしょう?

それは、「どうやって売り物の魅力を伝えるか」という部分ではないでしょうか。

売却しようとするマンションは、他に同じものはありません。つまり、そもそも標準化できないものなのです。

そして、そのマンションの魅力は、所有している売主(と家族など周辺の関係者)のほうが知っているはずです。

つまり、不動産取引の実務は標準化できるけれど、扱う商品であるマンションなどの不動産は標準化できないということです。そしてそこに、プロではないけれど当事者である売主の出番がある、というわけなのです。

その出番が何処にあるのかと言えば、物件の魅力を伝える場面、すなわち広告をどうするか、でしょう。

マンション売却の広告でこだわるべきポイントは?

家

では、売主が当事者として、マンション売却の広告でできることを考えてみましょう。

インターネットの普及が進み、不動産取引の現場でも「売却物件の見せ方」が大きく変化しています。

具体的には、写真が特段に扱いやすくなり、買い手に対するアピール度を増していることが挙げられます。

ほんの10年前ぐらいまでなら、売却マンションの広告と言えば、物件名と売出価格、そして間取り図を書いただけの販売図面しかないと言っても過言ではありませんでした。

売主側の仲介業者は、このモノクロのペラ1枚の情報を、自社のファックスに登録してある他の業者に送信する、と言うのが主な仕事だったのです。

販売図面がモノクロなのは、ほとんどの業者でファックスがカラー対応ではなかったためです。

必然的に、物件の外観や内部の写真を載せようとしても、汚く潰れてしまうことが多いので、逆効果だと考えられていました。

それが、インターネットの発達によって大きく変わったのです。

図面はもちろん、写真はカラーがデフォルトになり、加工や解像度のアップで、買い手の興味をつかむ強力なツールになっています。

まとめ

図面

マンション売却では、売主が当事者であるにもかかわらず、実際には取引に専門的な部分も多いため、「自分が思うように」売却活動を進めるのは難しいようです。

しかし、実務面は慣れている仲介業者に任せるにしても、当事者ならではの力量を発揮しなければならない部分ももちろんあります。

それは物件の魅力を伝えること、具体的には「販売図面」の制作へのアドバイスやサポートです。

近年、インターネットの発達によって、不動産取引における広告の方法と内容が大きく変化しています。

マンション売却においては、対象となる物件の写真の良し悪しで、大きく反応が変わることもあります。

例えば、撮影を曇りの日や夕暮れ時ではなく晴れた日中にするだけで、「陽当たり良好」の情報は文字より何倍も伝わるはずなのです。

また、ネットを利用した物件情報の公開では、何枚ものカラー写真を使うことで、内覧に近い印象を買い手にもってもらえることも期待できます。

販売図面をモノクロのファックスで流していた時代では考えられないほど、写真の使い方と効果は変わっています。

そして、その物件写真の効果をさらに高めることができる、よりプライベートな情報を握っているのが、売主なのです。

プロの手を借りるべきところは素直に借りて、効果アップできる部分をわきまえた売却活動への参加こそ、マンション売却の満足度アップにつながる「奥の手」と言えるでしょう。
【参考】マンションナビ(無料査定サービス)の口コミ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.