1. ホーム
  2. 知っておきたい不動産のこと
  3. 売却のコツ・ポイント
  4. ≫マンション売却で売主の当てが外れるダメ業者の見分け方

マンション売却で売主の当てが外れるダメ業者の見分け方

頭を抱えるサラリーマン

一般の人がマンションを売却しようとする場合、仲介業者の助けを借りなければ、ゴールに到達、すなわち移転登記の履行と売買代金受け取りを無事に済ませるのは、かなりハードルが高いといえます。

買い手候補とのコネクションを持っていたり、買い手からのリクエストにどう対処するかなど、売却活動中に発生する事案のほとんどは、不動産業に携わりスキルを磨いていないと上手く納めることができないものばかり。

それだけに、売主の意をくみ取りながら、買い手の無茶ぶりにも負けずに、売買契約という落としどころまで引っ張っていってくれる力量のある仲介担当者と組むことは、マンション売却の成否を決めると言っても過言ではないほどの重要なポイントなのです。

しかし一方で、売主に対するそうした優位性を悪用する仲介担当者がいることも事実です。

では、どんな言葉を弄する仲介担当者は注意すべきなのか、NGワードを挙げながら考えてみましょう。

注意すべき仲介担当者を見分ける方法

バツサインを出す女性

力量のある仲介担当者を探すことがマンション売却の成否を大きく左右するとあっては、神経質にならざるをえなくなっても仕方のないことかもしれません。

だからと言って、売主との相性ばかりを優先して選んでしまっては、本来の目的であるマンション売却から離れてしまいかねません。

仲介担当者は、マンション売却という目的を満足がいくように果たすための「名サポーター」であればいいわけです。

ビジネス・パートナーと友だちを混同しないようにしなければなりません。

とは言え、仲介担当者と話がしやすい関係であることは重要です。右から左へ物件を転がすだけで済めば苦労はないというのがマンション売却という一大事。

そのためには、サポーター役の仲介担当者にキッチリと売主の意志や判断が伝わっていなければならないのです。

しかし、注意しなければならないのは、一見スムーズに感じた仲介担当者とのコミュニケーションにも落とし穴があるということ。

仲介担当者も、売主とのコミュニケーションが重要であることは、百も承知です。

そのために、売主のご機嫌をとることで取引をまとめようとする仲介担当者も、当然いるはずなのです。

取引がまとまればいいと思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。

仲介担当者が売主のご機嫌取りを優先して取引をまとめようとのは、自分の手間を惜しんで利益を得るという目的があるからなのです。

売主の意を汲んで、売主が満足するように戦略を修正しながらの売却は、手間も費用も掛かってしまいます。

そこを端折るため、ご機嫌取りをすることで手間と費用を減らすことができれば、仲介業者側のメリットは大きくなります。

つまり、仲介担当者の意欲が、売主の意をくんで販売戦略に活かそうとしているのか、手間と費用を減らそうとして売主の顔色うかがいに注がれているのかで、マンション売却の結果が180度も変わる可能性があることを示しているのです。

幸い、手間と費用を減らすことに注力する仲介担当者には、いくつかのパターンがあります。

ここでは、代表的な2つのパターンを取り上げて、その裏にどんな売主のデメリットを生む要素が潜んでいるのかをあぶり出してみましょう。

○○がこのあたりのマンションを探しています

業者が仲介の契約を取るために担当者に言わせる代表的なセリフのひとつに、「このエリアの、ちょうどお宅の物件のような条件のマンションを探していたんです」というものがあります。

これはチラシにもよく使われる手です。

探しているのは「資産家」だったり「買換のための資金がある買い手」だったり。要するに、手持ちの資金が十分にあり、自分が仲介を担当すればすぐに取引ができると思わせるような話なのです。

ところが、こうした営業トークのほとんどは、売主をその気にさせるだけの実態のないものです。

まるで詐欺のような話ですが、多くの不動産業者はいろいろな顧客と連絡を取っているのは事実でしょうし、そのなかに「なにかいい物件はないかな?」と言っている人が皆無であるとは断言できません。

しかし、その事実を確かめる方法はなく、媒介契約を結んでから「ほかの物件に興味をもってしまった」などと言われて話が頓挫してしまえばそれまでなのです。

ウチは地域ナンバーワンだから大丈夫です

地域ナンバーワンという言葉ほど、暗闇にも等しいマンション売却という道を選んだ売主にとって心強い言葉はないかもしれません。

そのエリアでダントツの売却実績や顧客を有しているのであれば、まさに頼るべき業者といえるでしょう。

しかし、よく考えてみましょう。

地域のなかで抜きん出た売買実績を残せることがあるとしたら、建売の販売会社と独占的な関係にあったり、開発業者の傘下にあるなど、特殊な業者でしょう。

そしてそれは、個人のマンションを売却するための実績やスキルとは、あまり関係ないものと言えるのです。

そもそもマンション売却の情報自体は、その地域の他の不動産業者に開示することで買い手に届くものです。

つまり、情報は共有されるので、地域ナンバーワンの営業力の効果は意味がなくなるわけです。

もちろん、地域ナンバーワンのフットワークがあれば、そうした結果も得ることが出来るでしょう。

しかし、フットワークが客観的にナンバーワンであることを証明するのは、実際には難しいはずです。

ダメ不動産業者にはどう対処すればいいのか?

○×の吹き出し

それでは、こうした2つの代表的なNGワードを発するダメ仲介担当者を避けるにはどうすればいいのかを考えてみましょう。

買い手をキープしているかのような誘い文句を発する仲介担当者には、その相手がどのような条件で探しているのかを、詳しく聞いてみるといいでしょう。

それに答えず、媒介契約を優先させて「あとでお知らせします」と逃げるようでしたら、ほぼその買い手の話は架空とみて間違いありません。

地元の名士などとぼやかしながら、プライバシーの関係でそれ以上は言えないという言い訳もあるでしょう。

それに対しては、「仮でいいので、条件を検討したいから、買付証明書を出して欲しい」という交渉をしてみましょう。

条件がマッチしているのであれば、仮であっても押さえておきたいのが買い手の心情です。それをしないということは、この話も実態がないと言っていいでしょう。

まとめ

積み木

マンション売却では、売主の意を汲んでサポートしてくれる仲介担当者の存在が、その売却の成否を左右すると言っても過言ではありません。

その一方で、売主に頼られる存在であることを利用して、業者の優位に取引をまとめようとする仲介担当者がいることも確かなので、注意が必要です。

調子がいい仲介担当者は、一見コミュニケーションが上手くいきそうで、頼りになると思いがちですが、買い手がいるような話を持ちかけてきたり、「ウチは地域ナンバーワンですから」と押してくるばかりのときは、その根拠を確認する作業も必要になるでしょう。

調子がいいのと意を汲んでくれるコミュニケーションが取れるのは別問題です。

それを見破るためにも、多くの業者を比較する労を惜しまず、販売戦略について質問の出来る程度の知識を付けて、マンション売却に臨むようにしてください。
【参考】イエカレの口コミ@良い点・悪い点や使い勝手を検証してみた

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.