1. ホーム
  2. 知っておきたい不動産のこと
  3. 売却のコツ・ポイント
  4. ≫マンション売却の際に仲介の不動産業者を断るのは悪いこと?

マンション売却の際に仲介の不動産業者を断るのは悪いこと?

不動産売却仲介業者

いまや法的な整備も進み、所有しているマンションを売却しようと思い立っても、ほとんど負担を感じることはなくなったといっていいでしょう。

ネットを使った一括査定※や情報収集などの利用によって、以前の閉鎖的な商習慣も改善され、マンション売却はフリマ・アプリを使うような感覚でできてしまう、と言っても過言ではありません。

※ 例えば、イエウールのようなサイトを活用すれば、無料であなたがお持ちのマンションの価格を査定してくれます。
【参考】イエウールの口コミ@良い点・悪い点や使い勝手を検証

ところが、マーケットのオープン性やツールの利便性などの向上があるにもかかわらず、依然としてマンション売却への決断に水を差すような、心理的なハードルを生む問題も解消されていません。

その問題を代表するのが、「仲介してくれる不動産業者にどうやって断ればいいのか?」です。

マンション売却のような取引に慣れないシロウトにとって、買い手を探して売買取引をまとめるまでのサポートをしてくれる不動産業者との付き合いは、必用不可欠とも言えるものです。

そして、悔いのない選択や情報収集のためには、より多くの情報源、すなわち業者へのアプローチを行うことが効果的になります。

ところが、情報源の分母を広げれば広げるほど、その対応に追われるというジレンマを生んでしまうのです。

情報源としていろいろな業者にアプローチしたはいいけれど、媒介契約を経て売買契約を結び、取引を完了させて報酬を得ることができる業者は1社しかいないのです。

業者はただ働きとならないために、熱心な営業活動を繰り広げることになります。しかし、売主は、最終的にはどれか1社に絞って、他の業者への依頼を断らなければなりません。

この「断る」という行為が、ただでさえ不動産取引に慣れないシロウトの売主にとって、かなりの心理的負担になるというわけです。

そこで、こうした心理的負担をなるべく少なくしながら、後味が悪くならないような業者への断り方がないかを探ってみましょう。

断る負担を考えて相談する業者を減らせばいいのか?

図面を指さす

断ることがマンション売却の大きなネックになるのならば、相談する業者の数を減らせばいいのかといえば、それは本末転倒になってしまいます。

不動産売買に慣れていない人にとって、マンションを売却するときの不安は、主に情報不足によって引き起こされます。

情報不足を解消する最善策が、情報を寄り多く集めることであるのは、言うまでもありません。

もちろん、自力で書物やインターネットなどを使い、世の中に公表されている情報を集めることも重要です。しかし、慣れていない人が行う自力での調査・収集に限界があるのも事実。

そこで助けを求めるのが、不動産売買を業務として扱っている業者になります。

しかし、業者は慈善事業でマンションを売却したいという人の相談に乗るわけではありません。最終的には媒介契約を結び、売買契約を成立させて、法で定められた範囲内での報酬を受け取らなければ、業務を続けていくことができないからです。

こうした背景があるために、業者の情報には偏りがあると考えている売主が多いのも事実でしょう。また、それぞれ売買方法やエリアなどに関して得意分野が違っていたりするので、業者の情報に偏りがあるのは、ある意味で仕方がないことでもあるのです。

それを解消するために売主ができる最善策は、「いろいろな業者の意見を聞く」に尽きます。

業者によって得意分野にばらつきがあるということは、意見を聞く数が多ければ多いほど、売却の成功率をアップする方法が見つかる可能性を高めるということになるからです。

このことからも、断るのが嫌だ、めんどくさいという理由で、相談する業者の数を減らすことはマンションの売却活動にとってマイナス要因にしかならないことが、おわかりいただけるのではないでしょうか。

相談した業者と契約しないということ悪いことではありません!

熱弁する不動産業者

相談を持ちかけた業者が親身になってくれればくれるほど、その担当者の苦労を報いたい、つまり媒介契約を結んで売買契約が成立したアカツキには報酬とお手柄を手にしてもらいたいと思うのは人情でしょう。

また、他社と比較して断ることになった場合でも、その業者が提示した情報やの条件がマッチしなかったということよりも、労力を無駄にする決断をする自分に対する罪悪感のほうが大きくなることは、想像に難くありません。

しかし、そうした売主の「業者への思いやり」は、すべて勝手な思い込みにしか過ぎないないのです。

業者は業務として、多くの売主と交渉します。交渉では、自分の優位性をアピールできなければ、報酬を得るためのほとんど唯一の手段である媒介契約をとることができません。従って、どうしても自社の優位性を誇張する傾向があることは否めなくなってしまうのです。

これは、嘘や詐欺ではもちろんありません。

しかし、売主の要望に対して客観的な最善策を提示できているのかと言えば、そうとは限らないことを意味しています。つまり、最善であるのは「その業者ができうるかぎりの」という条件付きということなのです。

従って、複数の業者からの提案は、売主の目線で検討をし直さなければなりません。そして、検討の結果、売主の目線で選考に漏れた提案に対しては、そのことを伝えて断わればいいだけのことなのです。

まとめ

売り出し中

インターネットでの物件や仲介業者の検索が手軽で容易になったことで、マンション売却のハードルは飛躍的に低くなりました。

その一方で、手軽に相談できるはずの仲介業者との付き合い方はあまり変えられず、手軽に声をかけられるようになっただけ心理的負担が増えたとも言えます。

マンション売却はインターネットの発達によって、ますます情報戦の様相を呈しています。つまり、より多くの情報を集めて判断できる売主が勝ち組になることを意味しているのです。

そのためにも、仲介業者の協力を仰いで、より多くの情報を収集することは、仲介業者との付き合い方によって発生する心理的負担を犠牲にしても、優先させるべきことと言えるでしょう。

そうした心理的負担を軽減するには、2つの目線でマンション売却を見直してみましょう。

1つ目は、業者目線。

業者は、仕事として多くの売主と交渉をしています。すべての交渉を勝ち取って、100%の契約率を誇る担当者はいないでしょう。

ということは、業者は断わられることも業務のうちと考えていなければ、仕事を続けていられないはずです。だから、それほど神経質になる必要はないのです。

もう1つは、売主目線。

いろいろな業者からの提案を受けて、それを売主の目線で検討し直すことが、失敗しないマンション売却では重要になります。

そして、売主の目線で検討した結果、該当しなかった提案に対しては、素直にその旨を伝えて断わればいいのです。

業者は業務として、売主の要望すべてを反映できないことも多いのです。売主目線の判断とのギャップを埋めるのは売主ではなく、業者がするべきことです。

売主がしっかりとした基準で行った判断を伝えれば、業者も納得して気持ちよく「ご縁がありませんでした」ということになるはずです。

こうした関係を築けるためにも、より多くの情報と、売主目線での検討と判断ができるように、売却準備を進めてください。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.