1. ホーム
  2. 知っておきたい不動産のこと
  3. 売却・購入手続き
  4. ≫買取保証をマンション売却の味方にするにはどうすればいい?

買取保証をマンション売却の味方にするにはどうすればいい?

タワーマンション

マンション売却で売主がいちばん困るのは、なんと言っても売りたいマンションが「売れない」ことでしょう。

所期の目的であるマンション売却を達成できないだけでなく、表立った経費こそかからなかったものの、売却の決断という人生の一大事への挫折を味わわされ、時間を浪費してしまうからです。

なによりも、資金化ができずに、次の行動計画に支障が出ることが、大きな損失と言えるでしょう。仲介会社も媒介契約前は「きっと売れますよ!」と笑顔だったのに、媒介契約が終わるころには眉をひそめて「タイミングが悪かったですかねぇ」と、売出価格を下げる話ししかしなくなる始末。

「売れるって言ってたんだから、責任とってアンタの会社が買ってくれよ」と、ノドから出かかるのを抑えるのがやっとだったりするのです。

でも、ちょっと待ってください。実は、本当に「売れなかったら買い取ります」という契約があるんです。それが、買取保証というサービス。

さて、このサービス、どんな内容で、うまく使う方法はあるのかどうかを検証してみましょう。

買取保証の仕組みとメリット

タブレット端末

買取保証は、主に不動産の売買取引の仲介業者が提案するサービスのひとつです。

マンション売却の仲介を依頼する際に、媒介契約を結びます。この際に、オプションとして提供されるのが買取保証です。

主なサービスの内容は、媒介契約期間中は売却のサポートを行い、契約が終わる時点で取引が成立しない場合に、仲介業者経由でマンションを買い取る、というものです。

ということは、もし媒介契約期間中に売却が決まれば、そのまま買取を待たずに契約となります。契約期間中に仲介による売却が成立しなかった場合に、買取が行われることになります。

そもそも保証とは、リスクを補填するために設定されるものです。

この場合のリスクとは、「売れないと困る」というものです。「売れないと困る」のは、主に買い換えのケースに発生します。

まず、新しいマンションに住みたいけれど、その前にいま住んでいるマンションを売却して、支払いに回したい人が当てはまります。売れないと、買うための資金が足りずに、新しいマンションを探すわけにもいかないからです。

新しく購入するマンションのメドが立っている場合には、なおさらです。購入と売却のタイミングについては、売却のほうがより合わせることが難しいでしょう。

その場合でも、買取保証が付いていれば、最長で媒介契約期間の終了時といった、タイムリミットを設定することが可能になるわけです。

また、住宅ローンなど債務の残額の処理がある場合、いついくらで売れるのか未確定部分の多い一般的な仲介でのマンション売却では、計画が立たなくなることも考えられます。

買取保証があれば、「いついくらで」がほぼ確定しているので、スケジュールに従って計画を進めることができるようになります。

このように、買取保証のメリットは、「いついくらで」が事前に把握でき、それに沿った売却計画を立てられることです。

一般に、買い換えでは、「住みたいマンション」が見つかったからいまのマンションを売る決心がついた、ということが多いようです。

しかし、見つけた「住みたいマンション」も、早急に購入の手続きをしなければ、他の買い手に先を越されてしまいます。買取保証で「いついくらで」を把握できていれば、「住みたいマンション」の交渉も優位に進めることが可能になるわけです。

また、資金化が必要なケースでは、それ以上にスピードと確実性が重視されるはず。最初から買取業者に依頼するのとは違い、短期であっても媒介契約期間中は一般の売却活動にチャレンジすることができます。

買取保証の注意点

図面で説明

買取保証は、保証と呼ばれて入るものの、あくまでも業者との契約によって供与されるサービスのひとつになります。

つまり、買取保証は、一般的な不動産の取引市場での価格ではなく、いわゆる水面下で専門業者が取引する価格となります。

従って、仲介での売却より下回ることを覚悟しておかなければなりません。また、買取保証の「保証」は、一般的な売却の金額を保証するものでないことも、知っておくべきです。

サービスのひとつであるからには、それを受けるための条件もクリアしなければなりません。売却するマンションの所在地が業者の営業エリアであることなどが付されている場合が多いようです。

そう、どんなマンションでも引き受けてくれるわけではないのです。

まとめ

同意書

マンション売却の最大の心配事とも言える、「売れなかったらどうしよう」を軽減してくれるのが、買取保証です。

ただし、法的に担保された制度ではないので、利用には注意が必要です。

もちろん、契約に含まれる約束事なので、守ることが前提です。しかし、内容が他の法制度などに反する場合は、他の法制度が優先されることになります。つまり、契約書に書いてあっても、状況によっては売主の意向に沿わない結果になることもあるということです。

こうしたリスクを踏まえて利用すれば、買取保証は「いついくらで」という、一般の売却活動では不確定要素の多い点をクリアできるので、優位に利用できるケースもあるでしょう。

買い換えや資金化のような、時期や金額のブレを極力抑えたいマンション売却では、検討の余地が大いにあるでしょう。

【参考】無料でマンションの価値を査定してくれるイエウール

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.