1. ホーム
  2. 知っておきたい不動産のこと
  3. 売却・購入手続き
  4. ≫マンションを売却して買い換えるときに注意すべきポイント

マンションを売却して買い換えるときに注意すべきポイント

スーツ女性

マンションなどの不動産が資産と呼ばれる理由のひとつに、売却による資金化が可能性なことをあげることができます。

売却によって、それまで居住に関係するものに限られていた用途が、いろいろな目的に使うことのできる金銭と形を変えることができるわけです。

もちろん、住んでいたマンションを売却したお金をなんにでも使えるかというと、そうはいかないのが現実です。売却で他人のものとなったマンションにそのまま住むことはできず、新たな持ち主から賃貸してもらうか、別に住むためのマンションを見つけなければなりません。

つまり、居住していたマンションを売却する場合、多くはそれで得た資金を次の居住のためのマンション購入に使うことになります。

そこで、マンションを売却して次の居住のためのマンションを購入するするための手順をおさらいして、注意すべきポイントをまとめてみましょう。

【参考】イエウールの口コミ@良い点・悪い点や使い勝手を検証

マンションの買換えの手順について

引越し作業

居住マンションの買換えでは、売却してから新たなマンションを購入するか、購入してから売却するかの、2つの選択肢が考えられます。

売却してからの購入では、資金を確保してから購入マンションの品定めができるというメリットがあります。

売却と購入は、原則として関連なく行うことができるので、売り急がなければならないようなプレッシャーを避けることができるのも、メリットになるでしょう。

デメリットとしては、購入したいと思うマンションがあっても、売却が済むまで我慢しなければならないことが挙げられます。

売却によってそのまま住み続けられない場合は、購入マンションが決まるまで住む場所を確保しなければなりません。

当然、その間は買換え以外の費用がかさむことになります。そうした状況では、買い急ぎのプレッシャーが発生することになるでしょう。

また、購入してから売却という選択肢は、マンションのような高額な取引では「可能性が低いのでは?」と思う人が多いかもしれません。

しかし、実際には「買いたいマンションがあるから」と売却を考えるケースは多いです。となれば、売買の仲介をする不動産業者は、購入の手続きを先に確定させてから、売却に移ることになります。

購入を先にするメリットは、新しく住みたいと思うマンションを確保でき、それに伴う満足感を得られることにあります。

デメリットとしては、売却時期が延びることで、一時的に支出の負担が増えるリスクがあること。

住宅ローンは、原則として購入対象のマンションを担保に組まれます。つまり、売却マンションと購入マンションは、別々に住宅ローンを組むことができるわけです。

ところが、購入マンションの住宅ローンを組んだあとに、速やかにマンション売却を行って、住宅ローンの残債を精算しないと、2つの住宅ローンを支払わなければならない事態になるわけです。

ただでさえ、購入マンションのために資金の余裕がないところへきて、売却が確定せずに住宅ローンを二重に支払わなければならないわけです。

住宅ローンの支払いが不履行になれば、担保としてのマンションの所有権は金融機関に映り、売却できなくなってしまいます。

買換えのマンション売却での注意すべきポイント

ダンボールを運ぶ男性

マンションの買換えでは、売却を先にするにしろ、購入を先にするにしろ、それぞれ一長一短があることを理解していただけたでしょうか。

なかでも注意が必要なのは、住宅ローンの返済に関してです。

買換では売却が先でも購入が先でも、いずれも2つの取引の間にインターバルが生じてしまいます。この期間にも、住宅ローンをはじめとして、様々な費用がかかることになります。

特に、購入を先に済ませてから売却をする場合、売却マンションの住宅ローンの支払いが、売却できるまで続くことを計算に入れておかなければなりません。

往々にして、売却マンションの住宅ローンは、売却で精算できるものと楽観視しがちのようです。返済は「売却できるまで待ってくれ」というわけにはいきませんので、くれぐれもインターバルまでを想定した買換え計画を立てるようにしてください。

金融機関によっては、つなぎ融資という名目で、こうしたケースに対応した貸出を行っていることもあります。

【参考】お任せ任売ナビの口コミ

まとめ

マンション売却の打合せ

マンションを売却して買い換えるには、売却を先にする方法と、購入を先にする方法の、2つの選択肢があります。

売却が先の場合、売却代金を確保してから購入に移ることができ、資金計画の不安を抑えることができます。

また、購入を先に決めてから、売却に移ることも可能です。その際には、売却マンションの住宅ローンの残債と、売却が済むまでの支払いに注意する必要があります。

購入マンションでも住宅ローンを組んでいる場合、住宅ローンの支払いが二重になる期間が発生してしまうからです。

こうした売却と購入のインターバルが引き起こす負担の問題は、マンションの買換えでは大きな影響を与える問題に発展しかねません。

こうした問題にきちんと対応できる仲介業者を選ぶことはもちろん、専門家のサポートを利用することが、買換えの成功率と満足度をアップさせるポイントになります。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.