1. ホーム
  2. 知っておきたい不動産のこと
  3. 売却・購入手続き
  4. ≫マンション売却が納得できない原因と納得する上での注意点

マンション売却が納得できない原因と納得する上での注意点

納得する女性

スマホのアプリにアップするだけで、自分の持ち物があっという間に売れてしまう時代。

所有するマンションも「売りたい!」と思ったときにパッと売れるようになればいいのにと思っている人も、少なくないかもしれませんね。

ただ、パッと売れれば満足なのかといえば、それなりの値段で売れてくれないと、「やらなきゃよかった!」と思ってしまうかもしれません。

その理由は、もちろん身の回りのものよりも桁違いの値段が付くものだから。

だって、3千万円で購入した築10年のマンションを2千万円で売り出したのに、1割値切られたら200万円も損しちゃうんですからね。

その200万円が、あらかじめ立てていた売却戦略のなかで想定されていた範囲ならまだしも、慣れない売却活動でようやくたどり着いた買付の条件に含まれていたりすれば、ショックが大きくなるのもむべなるかな。

そこで、改めて「マンション売却にとって納得するということはどういうことなのか」を考え、納得する上での注意点をチェックしてみましょう。

マンション売却が納得できない原因とは?

悩む女性

一般に、不動産取引に慣れていない人が所有するマンションを売却しようと考えたときに、少しでも高く売りたいと考えているのが普通でしょう。

しかし、この「高く売りたい」が、何を基準にして高くなのか、どうすればその高い状態で売れるのかを理解して売却活動を始める人は少ないかもしれません。

残念ながら、不動産の価格には「定価」というものがありません。

もしかしたら、「年に1度ぐらいニュースで基準となる値段を発表していたんじゃないの?」と思った人がいるかもしれませんね。

その基準となる値段(正式には路線価、公示地価、基準地価というものです)、確かに不動産の値段を決めるためのものと言えますが、実際に取引される際には大幅に上回ったり下回ったりすることがほとんどなのです。

不動産取引では、その物件の状態や周辺の状況、さらに景気動向などを加味して、その物件ごとの値段を付けるというのが一般的です。

また、購入希望者が複数いれば、オークションのように競り上がることもありますし、逆になかなか買い手が現われなければ大幅なディスカウントをしてでも探すことにならざるをえません。

こうした取引形態が一般化しているため、なかなか「定価」が付けられず、そのことがシロウトにとって値段をわかりづらくしている理由にもなっているのです。

そもそも「定価」という基準が見えていないのですから、シロウトにとってマンション売却の当初の「少しでも高く売りたい」は、どんどん現実味のない希望だったことが明らかになっていくのです。

そして次第に「少しでも」が薄れていき、「高く」は流れ星を見たときにつぶやくお願いのレベルであったという認識に至ります。

もちろん、景気がいいタイミングだったり、物件の条件がよかったり、なにより運良く気前のいい買主の目に止まったりすれば、こうしたドツボにはまらずに済みます。

でも、大半のマンション売却の道は、イバラが生い茂っているというのが実状なのです。

とはいえ、次第に「売れたらラッキー」という心境になっても、自分の資産が値切られていくのを冷静に傍観できる人は多くないでしょう。

実際に買主が決まって売買契約書を交わし、決済が迫ってくると、本当にその内容で良かったのかという疑念が湧いてくるのは、そうした抑圧していた感情が解き放たれるからに違いありません。

そう考えると、マンション売却でその結果に満足できないことはそれほど珍しいことではなく、その原因は当初の認識に現実感がないことと、売却活動を進めるなかでガマンしなければならない状況に陥っていることにあると言えるでしょう。

マンション売却で納得する上での注意点

注意点

では、なにをどのように注意すれば、マンション売却で満足できるようになるのかを考えてみましょう。

納得できない原因は、主に当初の認識のなさと売却活動でのガマンでした。

当初の認識のなさは、不動産取引のシロウトにとっていかんともしがたいものです。

ただし、売却活動を始めるまでの短い期間であっても、関連書籍を読みあさったりやネットを駆使するなどして、できるだけ多くの情報にあたって「慣れる」ことはできるはず。

短い期間で専門家並みのレベルに達しようとするのは無謀ですが、マンション売却の概略を把握しておくだけでも、後になって納得できない状態を招くリスクは減らせるでしょう。

売却活動でのガマンに関しては、活動を始める前の認識レベルがアップしていれば、格段に変わってくるはずです。知らなかったから、仲介業者の言動に振り回されて、気づいたときには「こんなはずでは……」と思っているのですから。

それでも、注意すべきことは残っています。

ガマンしないことが納得できるマンション売却だとばかりに、自分の希望ばかりを仲介業者や購入希望者に押しつけてしまったら、まとまる話もまとまらないのは当然でしょう。

マンション売却は「定価」のない取引です。ということは、取引相手との駆け引きが重要な鍵を握っているということ。

引くべきところは引いて、譲れないポイントは譲らない。

そうしたブレない売却戦略を立てておくことが、マンション売却で納得するためには必要になり、買主にも納得してもらえる確率を高めてくれるのです。

まとめ

マンション売却でその結果に満足できないことは、それほど珍しいことではありません。

その主な原因は、売却を決めた当初の認識がなさ過ぎることと、売却活動を進めるなかで現実感が湧いてくるに従いガマンしなければ売却できないと思ってしまうことにあります。

その結果、マンション売却が決まっても、当初の思惑とは違ったり、売買契約を結ぶためにガマンしたことを思い出して、悔やんだりするわけです。

そうならないためには、まず売却活動を始める前にできるだけ情報にあたって、マンション売却の概略だけでも把握しておくことが大切です。

さらに、不動産取引には駆け引きが付きものなので、時にはガマンも必要ですが、そのガマンも売却戦略に織り込んでおくこと。

こうした対処法は、不動産取引のシロウトが場当たり的になんとかしようとしても、無駄足になる可能性が高くなってしまいます。

質問ができるぐらいの予習は必要ですが、あとは不動産の専門家とタッグを組んで、二人三脚で売却活動を進めたほうが、賢い選択と言えます。

賢い選択ができたと思えれば、マンション売却の結果も納得のいくものになっているはずです。

二人三脚で売却活動してくれる不動産会社をお探しなら、無料査定サイトのリビンマッチが便利に使えます。
【参考】リビンマッチの口コミ・評判

※ リビンマッチなら約800社の不動産会社の中から、マンション売却を仲介してくれる企業を見つけることができます。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.