1. ホーム
  2. 不動産売却の体験談
  3. 土地の売却
  4. ≫相続した祖父母の家を売却@全然売れないので更地にしました

相続した祖父母の家を売却@全然売れないので更地にしました

更地

33歳の女性会社員(現在育休中)です。こちらで紹介するのは、祖母が住んでいた自宅を売却した時の話になります。

祖父が先に亡くなり、その数年後に祖母も亡くなりました。親族で祖母の自宅を相続する者がいなかったので、最終的に私が相続をすることになりました。

私は祖母の家の近隣に住んでいたこともあり、一番祖母にとって身近な存在でした。ただ、私には新築の家があったので、祖母の自宅は必要ありません。そして、祖母は生前にいざなったらこの家を売却するようと私に言っていたんですね。そのため、祖母の家は売却することに決めました。

まずは、家の中のものをきれいに片づけました。ただ、何を取っておけば良いのか、何を捨てればよいのか、情が入ってしまうと片づけられません。こういう時のために遺品整理をする業者さんが必要なのかな?と片付けながら感じました。

近所の不動産会社に売却の相談をする

そして、2週間ほどかけてようやく片付けが完了し、不動産屋さんに売却の相談をすることに。地元では有名な大手の不動産屋さん2軒に相談をしました。

その2軒の不動産会社を比較した結果、家や土地をしっかりとみて鑑定し、丁寧な説明をしてくれたK不動産に売却の仲介をお願いすることに。

祖母の家の立地は、郊外のベッドタウン。最寄駅から主要駅まで電車で15分ほどで、駅までは徒歩3分です。土地面積は約89坪。築年数は43年。4年前にキッチンとリビングのリフォームをしました。

また、平屋の自宅とは別に大きい作業小屋がありました。祖父が趣味で金属加工をしていたからです。

最初に売り出した金額は2180万円でした。不動産屋さんの話では、何件かの問い合わせがあっって、現地見学をしているとのことでした。

その中で30代くらいのご夫婦が気に入って購入を検討したそうですが、その夫婦のご両親が、土地が無駄に広すぎるということと築年数、大きな小屋などが気になって反対したそうです。

しかし、3ヶ月以上広告を出して売り出しをしましたが結局売れませんでした※。

ネットならより多くの不動産会社から選ぶことができる

※ 私は近所の不動産屋さんだけに売却相談をしましたが、できるだけ高額で家を売却したいなら、できるだけ多くの業者から査定を取得することをおすすめします。

例えば、リビンマッチのような無料査定サイトを活用すれば、800社の中から査定見積もりを取得することができるので、高い査定を出してくれた業者をピックアップして交渉することが可能です。
【参考】リビンマッチの口コミ評判@良い点・悪い点や使い勝手の検証

3ヶ月経っても売れないので更地にして売却をすることに

私たちとしてはすぐに売れるものだと思っていたので、3ヶ月も売れない期間が続いたことで徐々に不安になってきました。使用することもない家を持ち続けていても、メリットはなくデメリットばかりです。相続税はもちろん固定資産税も払わなくてはなりません。

そして、少しでも早く売却をしたいなと思い不動産屋に相談をしたところ、家や小屋すべてを解体して更地にした状態で売り出すことになりました。

するとすぐに売却が決まったんです。解体代はかかりましたが、売却ができて一安心。購入したのは個人ではなく、住宅販売会社です。購入後は土地と家をセットに売るということでした。

祖父母の土地に新たな家ができるのかと、なんだか感慨深く感じていました。89坪の広い土地ですから、さぞかし立派な大きな家が建つことだと思いました。

さらに詳しく話を聞いてみると、そこには2軒の家が建築されるとのこと。これには驚きました。1軒の家だったところが2軒。今の設計、建築技術はすごいなと感心です。

今はそこに2件の家がすでに建っており、すでに新しい住民も済んでいます。祖母の土地を生かすことができて、私も嬉しいです。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.