1. ホーム
  2. 不動産売却の体験談
  3. マンションの売却
  4. ≫マンションを売り出し後1ヶ月しても内見希望者が来なかった

マンションを売り出し後1ヶ月しても内見希望者が来なかった

神戸マンション

私が売却したのは神戸のマンションです。そのマンションを購入したきっかけは、旦那の仕事の都合で兵庫県神戸市に引越をしてきたことです。それまでは関東の栃木県に住んでいたため、初めての関西暮らし。しかも、それまでは海のない栃木県かに住んでいたため、山や海に囲まれている神戸の環境には非常に楽しみだったこと今でも鮮明に覚えています。

そのときに購入した物件が、今回売却を決めたマンションです。間取りは3LDK、駐車場は月1万円で備え付けのものを使用できました。

築年数は購入した時点で15年で、その後25年間住みました。購入時の金額は3000万円でした。そこから、全てリフォームをしましたので、合計金額は3800万円ほどかかったとおもいます。

25年も住んでいたので、家族の思い出が詰まっているおうちでしたが、売却を決断した理由は子供の独立でした。子供が2人いたのですので、ともに社会人となり独立して家をでてしまったことから、夫婦二人には少々広すぎるように感じたのです。

また、老朽化も進んでいたことも気になっていました。排水管がさびていたり、水漏れをするようになるなど修理費がかさみ、経済的にもメリットが少なくなっていたのです。

同じように今後も別の個所が痛んでくると考えられるため、このまま修理費を払い続けるくらいなら、新しい家に引っ越して自分たちの生活スタイルにあったところで快適に住みたいと思いました。

売却については、住友不動産で購入していたため担当者に連絡をして、そちらにお願いをしました。特に他の業者との査定比較などはしていません。そもそも40年の築年数ですので、そこまで資産価値があるとは思っていなかったので、複数の業者に依頼するつもりはハナからありませんした。

ただ、後から知人に聞いた話だと、たとえ古い物件であっても、1円でも高く売りたいなら複数の業者に査定してもらった方が良いようです。イエイやオウチーノなどの無料で利用できる査定サービスもありますので、これから売却を考えている方は、そのようなサイトを利用した方が良いかと思います。

相場よりも300万円高い強気の値段設定で売りに出す

訪問見積もりをしてもらった際に、担当者さんから「最近、同じマンションで空き部屋を売却した時の相場が700万円だった」ということを教えてもらいました。

それを軸に、広さやリフォームのことなどを考慮に入れて1000万円で売却をすることに。売却を仲介する不動産業者は購入した25年前と同じ業者に頼んでいたこともあり、住んでいたマンションには熟知していた点は良かったですね。そのおかげで売り出し価格を決めることにも、迷いなく決断をすることができました。

もし、複数業者から売却を仲介する業者を選ぶのであれば、最近の売却実績の中に、そのマンションまたは類似の物件があるかをきちんと確認しておいた方が良いと思います。

もし、同じマンションの売却経験がある業者なら、相場もきちんと把握しているはずですからね。素人目には不動産の価値というのは分かりかねます。

なお、売却にあたっては、不動産業者との専任媒介契約を結んでいました。先ほどもお伝えしたように、売れれば御の字くらいの考えでしたので、一般媒介契約を結ぶことは特に考えなかったです。

売却する際に不安だったことは、今後もおそらくあちこちで老朽化の影響から不具合がでうると予想される建物でしたので、1000万円でも購入するという買い手が見つかるのかというのが不安がありました。相場から見れば妥当な金額ですが、実際の状況からみると厳しいのかなとも思ったのです

内見希望者が全然来なくて焦りました

売却を進める上で、困ったことは不動産情報を掲載してから1ヶ月が経過しても、が1件も内見や購入希望情報がはいらなかったことでした。

次に引っ越す家をこちらでも検討している段階でしたので、早いうちにマンションを手放すめどが立ってくれないと新しい部屋に引っ越せません。ですから、内見者すら訪れない状況には正直焦りました。

最終的に売却にかかった期間は3ヶ月です。希望していた売却価格は1000万円だったのですが、実際の売却価格は800万円でした。

1000万円なら新しい新築の家に住むと考える人がいるので、この値段は難しいかもしれないと担当者に言われて、最終的には入居希望者と相談をして決めた落としどころが800万円です。

これから不動産を売却する人にアドバイスとしては、相場は必ず知っておくべきということです。自分では綺麗に使っているし、広さもあるので高く売れると思っているかもしれませんが、不動産の価格はそれだけでは決まりません。

結局、重要になってくるのが人気のエリアや物権であるかどうかです。相場もその影響を受けて決まってきます。

根拠の乏しい金額を希望している場合、実際の売却価格との開きに驚くかと思いますが、結局買い手が見つからなければ物件は売れませんので、相場を参考にした上で設定金額を決めるようにしてください。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.