1. ホーム
  2. 不動産売却の体験談
  3. マンションの売却
  4. ≫築17年のマンションを希望価格とほぼ同じ値段で売却に成功

築17年のマンションを希望価格とほぼ同じ値段で売却に成功

マンション売却

私が売却したのは埼玉県川越市の隣の市にあるマンションです。購入時の価格は2400万円、その時で築10年の中古。売却時は築17年でした。

状態についてですが、私達が入居した時にリビングや台所やもちろん、電気のスイッチにいたるまで、オールリフォーム済みだったので購入時は新築のようでした。また、入居中に階上からの水漏れがあり、洗面所・リビング・玄関の天井と壁紙両方を張り替えたので、売却時も内装は綺麗な状態です。

私がマンションを売却しようと思った理由は、子供が3人(男2人、女1人)産まれたためです。このマンションは結婚3年目に買った2DKです。この先を考えると子供は男の子と女の子がいますから、部屋も分けて持たせなくてはいけないと思い、このマンションの売却を決断しました。

それに、当時はバブルが弾けてからマンションも一戸建てもどんどん値が下がっていて(今もそれに近い状態ですが)、早目に対処した方が良いかなと思ったからです。

売却先を決める方法についてですが、うちはまだインターネットを引いていなかったことと、マンションを売却した後住む家を探さなくてはならなかったので、まずは新聞のチラシで新しい家(中古と決めていました)を見始めました。

もし、自宅にネット環境があったり、スマホをお持ちの方は、HOME4Uのような無料一括査定サービスもあるので、そのようなサービスを利用するのが賢い選択だ思います(HOME4Uは大手のNTTデータが運営しているため信頼度も高い)。今、私が売るならそうします。

訪問査定をしてくらた担当者が退社してしまったので、売却手続きがなかなか進みませんでした

不動産会社を探した結果、大手ではありませんが、川越周辺で物件を扱っている業者にマンションを訪問査定をしてもらいました。

とても感じ良い方だったので、その方に売却手続きをお願いしようと思っていたら、別会社に移られてしまい、話は一からやり直しです。そこで、新聞で見た良さそうな中古の家を扱っている不動産会社に電話をして、また査定に来てもらいました。

なお、査定額は1450万円で、そこから値切られておそらく1400万円で着地するだろうという予想でした。

駅から徒歩4分という立地もあってか、マンションは売り出してから1ヶ月もしない内に1400万円で買い手が見つかりました。やはり50万円は引かれましたが、まぁ事前の予想通りだったのでまずますの結果です。

そのまま売却手続きに入りましたが、その不動産会社は永大(えいだい)でした。今は不動産会社としてはないようです。住宅機器関連でエーダイという言葉を見ます。チラシを制作するより先に買い手が見つかったに近い状態だったので、後から専任媒介で契約したような形でした。

マンション売却をする前に不安だったのは値段がどれだけ下がるのかということ

不動産売却をする前に不安だったことは、やはりマンションの価格が購入時よりどれ程下がっているかということでした。少しでも高くという思いは、それが次に住む家の頭金の額に繋がるからです。残債が残って次のローンに上乗せになることだけは絶対に避けたいですからね。

ただ、ほぼ査定価格通りの値段で売ることに成功したので、その不安は解消することができました。

また、手続きを進める上で不安だったことは、次に住む家がなかなか決まらなかったことです。ひとまずアパートに住んで、ゆっくり次に住む物件を探したいと思ったのですが、2回も引っ越しをするとなるとお金は当然かかりますからね。

ちなみに私の担当者だった方は、先方(購入してくれた方)に対して、かなり強引に契約を進めてしまったようで(その営業マンは売上をすぐに上げたかったみたいです)、売却後に購入者の奥さんからそのことに対しての不満を私にぶちまけられました。正直に私にとっては気持ちの良いことではありませんでした。

そのように担当者に不満があると、例えマンションが高値で売れても後味が悪くなります。ですから、これから売却する方は、合わない担当者なら変えてもらう、あるいは別の不動産会社に行くべきでしょう。

ただし、専任媒介契約を結ぶと他の不動産会社と契約することができなくなりますので、少しでも担当者が合わないと感じたら、色々な不動産会社と契約ができる一般媒介契約を進めた方が良いです。

それに業者によっても売る能力は全く違います。例えば、売る家やマンションの設備や、周辺のスーパーや学校、市役所等便利な施設についても聞いてくれ、それを動画付きでサイトに載せてく宣伝してくれる不動産業者もありますからね。

ですので、まずは一括無料査定で複数の業者のお話を聞いた上で、各不動産会社のサイトを色々比較して、更に担当者との相性も考えて、契約を進めるようにしてください。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.