1. ホーム
  2. 不動産売却の体験談
  3. マンションの売却
  4. ≫築35年の団地が買値よりも高い値段で売却できました!

築35年の団地が買値よりも高い値段で売却できました!

団地

近所にできる新築住宅への住み替えのために、千葉県千葉市にある築35年の団地を売却しました。この団地を購入したのは今から5年前、当時の売値は1000万円です。

売却を決めた当初は、検討しているマンションの営業マンが売却についても相談に乗ってくれて、不動産仲介業者も紹介してくれました。ですが、少しでも高く売りたいと思ったので、その業者だけに任せないで、複数の不動産会社に査定を依頼することに。

査定の依頼に関しては、「毎日ポストにたくさんの不動産売りませんか?」というチラシが入ってきますので、その中から3社ほどピックアップしてお願いをしました。

もし、そのようなチラシがポストに入っていない方は、「イエイ」や「イエウール」などの無料一括査定サイトを利用すれば良いかと思います。

訪問査定の当日は、リビングから寝室まで掃除を少し念入りにしておいたので、築年数の割に綺麗との評価をいただきました。その結果、どの業者からも購入時の金額とほぼ変わらない金額の査定がでました。

ただ、必ずしも査定での提示金額で売れる保証はありません。そこで、それぞれの会社に当該団地の販売実績を提出してもらうことに。過去に売った実績があるところにお願いしておけば、まず間違いはありません。

その中で一番取引実績が多い不動産会社に依頼することにしました。そちらは、営業マンの雰囲気も一番良かったので、安心してお願いすることができました。

実績を信用して専属専任媒介契約を結ぶことに

複数の不動産会社に販売の依頼をすることもできるとのことでしたが、私としては責任を持って手伝って欲しかったので、1社だけに売却を依頼する専属専任媒介契約を結びました。

なお、売却プランについては、「まずは初めは、強気の値段設定で売り出しましょう」とアドバイスを頂戴したので、買値に200万円を上乗せした1200万円で売りに出ことに。私としては、買った時よりも高く売れることなんてあるわけがないと思っていたので、正直不安でした。

しかし、販売をかけてすぐに、内見をしたい人がいるという連絡をもらいました。その方はスケジュールが土日の希望だったのですが、私は平日休みだったので、中々スケジュールが設定できず、苦労をすることに。最終的に、夜の時間で見てもらうことになり、仕事後に部屋の案内をしました。

販売開始から二週間で購入希望者が現われてびっくり!

一週間程して、不動産会社から内見した人が買いたいと言っているという連絡をもらいました。まさか決まるとは思っていなかったので、びっくりです。ですが、契約を早くしないと流れてしまうかもしれないとのことで、また急なスケジュールの調整を依頼されましたが、思った以上の好条件だったので、私も有給休暇を取得し、売却契約に臨みました。

結局販売について要した期間は契約までが二週間と、契約の手続きに一ヶ月ほどで完了。まだ新しいマンションが建っていなかったので、そこからはホテルで仮住まいをすることに。ですが、仮住まいのホテル代を考えて、も高く売れたので個人的には大満足です。

ちなみに当初売却のお願いをしていた、購入先のマンションの営業マンが、紹介してくれた業者で言われた金額は850万です。それよりもはるかに高い値段で売却できたので、とても嬉しかったですね。

なお、最終的な売却金額は売り出し価格の1200万円から、100万円を値引きして1100万円です。それでも、私が購入した1000万円よりも高い金額ですので、良い結果でした。

不動産の取引は、金額の大きな契約になります。仕事が忙しいからという理由で面倒臭さがらずに、しっかりと情報収集をして、取り組んだ方がメリットが大きいと感じました。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.